《東京景物詩及其他》(読み)とうきょうけいぶつしおよびそのた

世界大百科事典内の《東京景物詩及其他》の言及

【北原白秋】より

…世紀末的頽廃趣味にあふれ,《海潮音》や蒲原有明の象徴詩を継ぐものであるが,11年には抒情小曲集《思ひ出》を出して歌謡作者としての素質も示した。13年,最初の歌集《桐の花》と第3詩集《東京景物詩及其他》を上梓。前者は伝統詩にフランス近代詩的な感覚を導入して新風を開いたものであった。…

※「《東京景物詩及其他》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android