コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《桂苑筆耕》 けいえんひっこう

世界大百科事典内の《桂苑筆耕》の言及

【崔致遠】より

…のち乱世に絶望して各地をめぐり,ついに伽倻山海印寺に隠れすんだという。在唐期の文集《桂苑筆耕》20巻をはじめ,詩賦や《崇福寺碑銘》《釈順応伝》等が伝わる。その門人から新興の高麗に仕官した者が出ている。…

※「《桂苑筆耕》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《桂苑筆耕》の関連キーワード朝鮮文学崔致遠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android