《梅氏叢書輯要》(読み)ばいしそうしょしゅうよう

世界大百科事典内の《梅氏叢書輯要》の言及

【中国数学】より

…彼の著書は1723年(雍正1)に《暦算全書》として刊行されたが,これには中国・西洋の暦算学がよく折衷されている。梅文鼎の著作は別に孫の梅成の手で1761年(乾隆26)に《梅氏叢書輯要》の名で刊行されているが,この中に〈杜氏の法〉というのがみえる。これはフランス人イエズス会士P.ジャルトゥ(杜徳美)が伝えたもので,円周率や三角関数を無限級数に展開したものである。…

【暦算全書】より

…29種,76巻より成る。梅文鼎の全集としては,少しく異同はあるが,孫の梅成(ばいこくせい)(1681‐1763)が編集した《梅氏叢書輯要》がある。《暦算全書》は出版後まもなく日本に伝わり,改暦を志していた8代将軍徳川吉宗はこの書の解読を中根元圭に命じた。…

※「《梅氏叢書輯要》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android