《橋姫物語》(読み)はしひめものがたり

世界大百科事典内の《橋姫物語》の言及

【橋姫】より

…家に帰った妻は,もうひとりの妻にこのことを語ると,その女も浜辺の庵に行き,男にあうが,嫉妬して男に打ちかかると,男も家もあとかたもなく消えうせたという。この物語は脚色されて《橋姫物語》と題する絵巻としても伝わっている。《今古為家抄》などには,嵯峨天皇のとき,ひとりの女が嫉妬から夫に捨てられ,宇治川の水に髪をひたして,鬼になるよう祈り,ついに鬼女となったと伝える。…

※「《橋姫物語》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android