《欧洲現代政治及学説論集》(読み)おうしゅうげんだいせいじおよびがくせつろんしゅう

世界大百科事典内の《欧洲現代政治及学説論集》の言及

【小野塚喜平次】より

…03年,対露強硬外交の意見書を桂太郎首相に提出したことによって起こった,七博士建白事件では〈大学の独立と研究の自由〉を守るべく抗議した。以後,早くから民衆主義democracyに着目し,《現代欧洲之憲政》(1913),《欧洲現代政治及学説論集》(1916)などを通して,現実政治の実証的研究方法を具体的に示した。また,吉野作造,南原繁,蠟山政道,矢部貞治などの学者を育てた。…

※「《欧洲現代政治及学説論集》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android