《江戸がかり》(読み)えどがかり

世界大百科事典内の《江戸がかり》の言及

【江戸半太夫】より

…その曲節は,江戸では弟子の十寸見(ますみ)河東をへて河東節に移され《きぬた》《鑓踊(やりおどり)》などが伝わり,上方では地歌に〈半太夫もの〉として《意見曾我》などが伝わっている。また後世の三味線音楽に《江戸がかり》などとして取り入れられている。【竹内 道敬】。…

※「《江戸がかり》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android