コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《浦嶋明神縁起》 うらしまみょうじんえんぎ

世界大百科事典内の《浦嶋明神縁起》の言及

【丹後国】より

…中世では名勝天橋立がようやく諸国に喧伝され,早く《慕帰絵詞》(南北朝期)に描かれたが,応仁の乱後には画僧雪舟が不朽の名作《天橋立図》を残し,智恩寺は九世戸文殊(くせどもんじゆ)の名で天下に知られ,将軍義満らもしばしば参詣した。宇良神社の《浦嶋明神縁起》も当地に残る中世絵巻の遺品として貴重なばかりか,浦島伝説の普及や田楽の流行を物語る資料として興味深い。 戦国期の当国は守護一色氏に関する史料がきわめて乏しい反面,《丹後国御檀家帳》によって同氏の戦国大名支配の構造がよくうかがわれる。…

※「《浦嶋明神縁起》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android