《海上権力史論》(読み)かいじょうけんりょくしろん

世界大百科事典内の《海上権力史論》の言及

【シーパワー】より

…国家が海洋を利用し海洋を支配するための総合的な力をいい,軍事力以外の要素も含む。アメリカの海軍戦略家A.T.マハンが《海上権力史論The Influence of Sea Power upon History,1660‐1783》(1890)で最初に用いた。マハンは歴史を分析し,海洋に面した国家の繁栄は,商品の生産,海運,植民地の連環する3要素によってもたらされたとし,海軍力は商業の保護のために存在するとした。…

【マハン】より

…85年,新設の海軍大学の海軍戦史・戦術の教官,翌年には同大学校長に就任。そのときの講義に基づき,90年に《海上権力史論》を発表,海上権力の重要性を大英帝国の興隆に範を採りつつ解明し,大海軍主義を力説した。近代的な渡洋戦艦隊をてことする彼の海外膨張論――制海権の掌握,海外根拠地・植民地の獲得,通商の拡張――は,T.ローズベルトやH.C.ロッジなどアメリカの指導者のみならず,イギリス,ドイツ,日本などにも甚大な影響を及ぼした。…

※「《海上権力史論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android