コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《海戦》 かいせん

世界大百科事典内の《海戦》の言及

【表現主義】より

…台詞が音に還元される〈絶叫劇Schreidrama〉を書いたのは第1次大戦で戦死したA.シュトラムである。戦争が末期に近づくと,平和的・反戦的傾向を示すウンルーFritz von Unruh(1885‐1970)の《一族Ein Geschlecht》や砲塔に閉じこめられた水兵を描くゲーリングReinhard Göring(1887‐1936)の《海戦Seeschlacht》(1917)などが現れる(なお,ゲーリングの《海戦》は創立当初の築地小劇場でとりあげられ,当時の日本の新劇界に大きな影響を与えたといわれる)。すでに第1次大戦中からマンハイム,フランクフルト,ハンブルクなどで表現主義劇が多く舞台に登場するようになり,ベルリンでもM.ラインハルトが〈若いドイツ〉というスタジオ上演を開始した。…

※「《海戦》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《海戦》の関連キーワードビーチー・ヘッドの戦い海戦(海上で行う戦闘)無敵艦隊(アルマダ)ガダルカナル島の戦いアクティウムの海戦ガダルカナルの戦い太平洋戦争(日本)フィリピン沖海戦ユトランド沖海戦イキケ海戦記念日エンタープライズソロモン海海戦藻屑と消える艦隊決戦主義ナイルの戦いレイテ沖海戦バンカーヒルヨークタウンドゥリウスモントレイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android