コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《生田敦盛》 いくたあつもり

世界大百科事典内の《生田敦盛》の言及

【小敦盛】より

…現存する室町末期成立の絵巻《こあつもり》2巻は前半に熊谷・敦盛組討の場面をもち,結びは若君が母とともに出家し,修行を積んで,後に浄土宗西山派の祖善慧房証空となったとするなど,古い本文形態を伝えている。金春禅鳳作の能《生田敦盛》も,同じ題材を扱う。【宮田 和美】。…

【平敦盛】より

…本来,この話は熊谷直実(法名蓮生)の発心譚であったものが,しだいに敦盛像も理想化されていったらしい。また,敦盛の遺児が敦盛の亡霊と出合い,父の菩提(ぼだい)を弔ったという虚構の後日譚を扱った御伽草子《小敦盛》や能《生田敦盛》がある。【西脇 哲夫】。…

※「《生田敦盛》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone