コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《異教の神々の歴史》 いきょうのかみがみのれきし

世界大百科事典内の《異教の神々の歴史》の言及

【アレゴリー】より

…B.ピットーニの《標章図像集》(1568)は,ローマ教皇やイタリアの名門の標章を収集する。また,L.G.ジラルディの《異教の神々の歴史》(1548),N.コンティの《神話》(1551),V.カルターリの《古代神像》(1556)などは,それぞれ十数版を重ねた神話学の書であるが,文学や芸術のアレゴリーの普及に大いに貢献し,人文主義者の書斎や芸術家の工房に必須の提要書として常備された。16世紀に続出したエンブレマータの出版後,アレゴリーの歴史でもっとも重要な文献,リーパCesare Ripa(1560ころ‐1620ころ)の《イコノロジア》(1593初版)がローマで上梓された。…

※「《異教の神々の歴史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone