コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《石川五右衛門》 いしかわごえもん

世界大百科事典内の《石川五右衛門》の言及

【釜淵双級巴】より

…1737年(元文2)7月大坂豊竹座初演。大盗石川五右衛門を主人公とした松本治太夫の正本《石川五右衛門》(貞享ころか)や近松門左衛門作《傾城吉岡染》(1712)の先行諸作をふまえる。河内国枚方で鹿狩のそれ矢を拾った五右衛門は,その矢で傷ついたと称して乞食婆を母に仕立て,五十両をかたりとり,島原に遊ぶ。…

※「《石川五右衛門》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《石川五右衛門》の関連キーワード浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ片岡 当十郎(2代目)片岡仁左衛門(初代)吉田文吾(2代)絶景かな絶景かな木下蔭狭間合戦市川 海老十郎言いそそくれる善光寺骨寄せ石川五右衛門五右衛門風呂松本治太夫釜淵双級巴百地三太夫金門五三桐金門五山桐雁のたより神田祥子檀 一雄忍びの者