コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《神の怒り》 かみのいかり

世界大百科事典内の《神の怒り》の言及

【早川雪洲】より

…千葉県に生まれ,1909年に渡米。日本人主演の本格的アメリカ映画第1号となったトマス・インス監督《神の怒り》(1914)をデビュー作として,レジナルド・バーカー監督《タイフーン》(1914),セシル・B.デミル監督《チート》(1915)および《テンプテーション》(1916)等々サイレント初期のアメリカ映画に主演,たちまちその性的魅力でアメリカ女性を魅惑して人気スターになり,異民族の男性の美しさやセックス・アピールを売物にするハリウッドの風潮をつくったとすらいわれる(ルドルフ・バレンチノが登場するのはそれから数年後のことになる)。トーキー以後は性格俳優として国際的に活躍し,デビッド・リーン監督《戦場にかける橋》(1957)の日本人の捕虜収容所長の役がもっとも強烈な印象を残した名演として知られる。…

※「《神の怒り》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《神の怒り》の関連キーワードエドワーズ(Jonathan Edwards)ヘルツォーク(Werner Herzog)カーマ(古代インドの愛の神)デービッド ハンドラークラウス キンスキーモクテスマ[1世]ラクタンチウスサルウィアヌスナルキッソスローマの略奪ステシコロスビラ・ランテデロスの問題クランデロタンタロスゼパニヤ書バベルの塔アイオロスヒュブリスモアブ人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android