《神楽・催馬楽注秘抄》(読み)かぐらさいばらちゅうひしょう

世界大百科事典内の《神楽・催馬楽注秘抄》の言及

【体源鈔】より

…説明は典拠重視で進められ,有名楽人の口伝・記録はもとより,引用文献は《詩経》《白虎通義》《唐書礼楽志》《源氏物語》《本朝書籍目録》等漢籍や物語・史書と,楽書にとどまらず多岐にわたり,書名のあがっているものだけでも160を超える。《神楽・催馬楽注秘抄》全文の引用等他書の研究に資する部分も少なくない。序に応仁の乱(1467‐77)後の混乱に触れ,楽道廃忘の危機にこれを書き残す旨を記す統秋の意図は,十分かなえられているといえよう。…

※「《神楽・催馬楽注秘抄》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android