コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《科学的管理法の原理》 かがくてきかんりほうのげんり

世界大百科事典内の《科学的管理法の原理》の言及

【インダストリアル・エンジニアリング】より

…彼はまた作業能率を高めるための実験を行い,科学的な方法を採用すれば,生産性をよくする方法が発見できることを示した。彼の基本的な考えをまとめた《科学的管理法の原理The Principles of Scientific Management》が11年に出版されIEの古典となっている。同じころ,ギルブレス夫妻Frank B.Gilbreth,Lillian M.Gilbrethが作業の能率を,作業者の疲労の軽減およびむだな動作の排除という観点から研究し,能率的な作業手順を設計する方法論を確立した。…

※「《科学的管理法の原理》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《科学的管理法の原理》の関連キーワード能率増進運動

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android