コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《稲作小言》 いなさくこごと

世界大百科事典内の《稲作小言》の言及

【船津伝次平】より

…また老農の多くが天然の理に従うべきことを説いているなかで,動植物の性を率い従え,改良を加えていくことの重要性を主張する率性論の立場をとっていた。著作のうち《稲作小言》(1890)は著名で,ちょぼくれ口調で非合理的な稲作法を批判している。【伝田 功】。…

※「《稲作小言》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《稲作小言》の関連キーワード船津伝次平(ふなつでんじへい)船津伝次平