コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《老いたるエテルノ神父》 おいたるえてるのしんぷ

世界大百科事典内の《老いたるエテルノ神父》の言及

【ゲーラ・ジュンケイロ】より

…コインブラ大学卒業後官吏の道をえらんだ後に代議士,ベルン駐在公使となるが,晩年は病気のため公職を去る。少年の頃から詩才を示していた彼は,詩集《ドン・フアンの死》(1874),《老いたるエテルノ神父》(1885)によってポルトガル最大の詩人の一人,当代一流の詩人と言われた。彼の詩には幼いときに受けた宗教教育の影響が陰に陽に認められ,《老いたるエテルノ神父》には聖職者に対する鋭い風刺がこめられている。…

※「《老いたるエテルノ神父》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android