《花川戸身替りの段》(読み)はなかわどみがわりのだん

世界大百科事典内の《花川戸身替りの段》の言及

【相撲物】より

…歌舞伎では《浪花曙烏(なにわのあけぼのちぶみのからす)》(雷電源八の喧嘩。1753年2月大坂三枡大五郎座,並木正三作),《花川戸身替りの段》(白藤源太。1783年3月江戸中村座,初世桜田治助作),《四紅葉思恋深川(よつもみじおもいのふかがわ)》(白藤源太。…

【身替りお俊】より

…歌舞伎舞踊の曲名。富本で本名題《花川戸身替の段》。作詞初世桜田治助。作曲名見崎徳治(得寿斎)。1783年(天明3)江戸中村座正月狂言《江戸花三升曾我(えどのはなみますそが)》の3月から出た二番目浄瑠璃。1825年(文政8)清元に移して本名題は《其噂桜色時(そのうわささくらのいろどき)》。花川戸の芸者お俊,実は景清の娘人丸は,相愛の井筒屋伝兵衛(実は源氏の侍)と縁を切る。伝兵衛には,お俊の前の主人園生の前を討ち取る使命があった。…

※「《花川戸身替りの段》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android