コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《藍色の蟇》 あいいろのひき

世界大百科事典内の《藍色の蟇》の言及

【大手拓次】より

…極度の含羞癖と孤独の意識は彼独特の官能の香気をたたえた詩風にも濃厚だが,また伝説的な誤解をも生んだ。死後,大冊詩集《藍色の蟇(ひき)》(1936)が刊行されたが,生涯独身で不遇のまま病没する。【原 子朗】。…

※「《藍色の蟇》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報