コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《詠百寮和歌》 えいひゃくりょうわか

世界大百科事典内の《詠百寮和歌》の言及

【大和魂】より

…〈やまとだましい〉が摂関家に固有の精神的属性という面のあったことがうかがわれる。 第6の例は,時代がずっとくだった南北朝ころかと思われる《詠百寮和歌(えいひやくりようわか)》である。この百首和歌は,官職の名を題にして詠まれたもので,その中に〈文章博士〉と題して〈新しき文を見るにもくらからじ読開(よみひら)きぬる大和と玉しゐ〉の一首がある。…

※「《詠百寮和歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android