コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《貨幣論》 かへいろん

世界大百科事典内の《貨幣論》の言及

【ケインズ】より

…この考え方は,29年の深刻な不況と失業を契機に失業対策としての公共支出の重要性に目を向けさせることになり,《ロイド・ジョージはそれをなしうるか》(1929,小冊子),《繁栄への道》(1933,小冊子)を上梓(じようし)させることになった。 1925年ロシアのバレリーナ,ロプホワLidiya V.Lopukhovaと結婚,ソビエトを訪ね《ロシア管見》を書くが,大著《貨幣論A Treatise on Money》の完成に打ち込み,30年これを出版。同書はケインズの書いた最も体系的な書物であり,貨幣価値の基本方程式によって注目を集めた。…

※「《貨幣論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《貨幣論》の関連キーワードロバートソン(Dennis Holme Robertson)フリードマン(Milton Friedman)フリードリッヒ・フォン ウィーザーG.フリードリッヒ クナップエドワード・ストーン ショーデニス・H. ロバートソンイオシフ トラハテンベルグジョン・M. ケインズコペルニクス(年譜)E. ワーゲマントラハテンベルグ鬼頭 仁三郎山崎 覚次郎左右田喜一郎カンティロンカンティヨンロバートソン鈴木 券太郎服部 文四郎ケンメラー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android