コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《近代喜劇》 きんだいきげき

世界大百科事典内の《近代喜劇》の言及

【フォーサイト家の記録】より

…イギリスの作家J.ゴールズワージーのフォーサイト家を扱った小説の総称。《フォーサイト・サガ》(1922),《近代喜劇》(1929),《フォーサイト家の変貌》(1930)の3部からなる。ビクトリア朝末期から第1次大戦を経て,イギリス資本主義の危機であった1926年のゼネストの時期に至るイギリス・ブルジョア階級の一大年代記であり,その基調はたしかに因襲的なビクトリア朝の物質主義に対する批判と自由な精神の強調であるが,第2部以下ではいくぶん保守的な傾向が強まっている。…

※「《近代喜劇》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《近代喜劇》の関連キーワードジョン ゴールズワージーフォーサイト家の記録ゴールズワージーメナンドロスゴルドーニ森律子丁西林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android