コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《運命》(音楽) うんめい

世界大百科事典内の《運命》(音楽)の言及

【交響曲】より

… ベートーベンの9曲(1800‐24)はいずれもそれぞれに特有の問題意識をはらんでいる。スケルツォを導入した《第2番》(1802),特に展開部やコーダにおける形式的規模の飛躍的拡大,多種多様な動機による展開労作と変奏技法,そして雄大な構想,これらが曲に記念碑的な風格を与えている第3番《英雄》(1804),冒頭動機による全楽章の統一,楽章間の有機的な連係と頂点を終楽章に置いた設計,本来教会や劇場専用の楽器であったトロンボーンの導入等々,革新的な要素の多い第5番《運命》(1808),あるいは標題性をはらんだ全5楽章(3~5は連続)の第6番《田園》(1808),そして終楽章で独唱と合唱を登場させて時代の精神的理想をうたいあげ,さらに打楽器群を効果的に使用した《第9番(合唱付)》(1824)など,革命期の新しい市民層の意識を背景とした作品群がある。特に絶対音楽的性格と標題音楽的性格,単一動機による全曲の統一,新しい楽器と声部の導入などは,以後の交響的作品に決定的な影響を及ぼした。…

【ベートーベン】より

ソナタ形式の展開部が提示部の長さを上回る規模になるのも《英雄交響曲》からであるし,楽器編成上でもホルンを3管に増強したり,チェロとコントラバス声部を独立・分離させるという改革も行ったのである。彼の追求する音楽が必然的に要求する編成の拡大は《第5番・運命》作品67(1808)に至って前例のないトロンボーン3管の導入をみることになる。この曲ではさらにピッコロやコントラ・ファゴットも使用され始めるのであるが,こうした彼の交響曲における編成上の最大の革新が晩年の《第九交響曲・合唱付》作品125であることはよく知られたことである。…

【レコード】より

…大規模な管弦楽のしかも組物のレコード(H.フィンク指揮,ロンドン・パレス・オーケストラによるチャイコフスキーの《くるみ割り人形》,オデオン盤)は09年に初めて出された。最初の交響曲録音(指揮者不明のオデオン弦楽オーケストラによるベートーベンの《運命》と《田園》,オデオン盤)は13年であった。一方,ヨーロッパではオペレッタ中のヒット曲が,アメリカではダンス音楽が大流行して,ポピュラー音楽の分野が大きく伸び,蓄音機とレコードも大衆化した。…

※「《運命》(音楽)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone