コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《雲井弄斎》 くもいろうさい

世界大百科事典内の《雲井弄斎》の言及

【弄斎節】より

…〈雲井のろうさい〉といわれるものは,京六条の遊女の雲井が流行させたものともいわれる。元禄(1688‐1704)期にはすたれたが,芸術歌曲にとり入れられ,箏曲の《雲井弄斎》(八橋検校作曲),《新雲井弄斎》(倉橋検校作曲),《島原弄斎》(継山流秘曲。ただし《島原》《朗催》という異なる2曲ともいう)などが作られ,いずれも組歌の付物として伝承された。…

※「《雲井弄斎》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《雲井弄斎》の関連キーワード八橋検校雲井弄斎佐山検校弄斎節平調子古曲付物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android