コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《雲母》 うんも

世界大百科事典内の《雲母》の言及

【飯田蛇笏】より

…その句風は初め空想的,妖艶趣味が強かったが,のち風土に根ざして自然と自己の混然一体化した生命感を,雄勁重厚に格調高くうたい上げた。17年,俳誌《雲母(うんも)》を主宰し,甲斐の山村の風土に腰を据えて句作を続け,《山廬集》(1932),《山響(こだま)集》(1940)などを上梓。戦中戦後両親と3児を失う悲運に耐えて句境を深め,俳壇の重鎮として活躍した。…

※「《雲母》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《雲母》の関連キーワードグロメロペグマトイダル組織白雲母(はくうんも)白雲母黒雲母花崗岩マイカコンデンサースチルプノライトセリサイト化作用ストウロリタイトヘマティタイトランプロ閃長岩マイカルサイトチンワルド雲母コルネアイトケルサント岩榴輝雲母片岩パラ黒ひん岩アルピナイトマイカナイト雲母スレートランプロ片岩マイカライト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android