コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《雲門一曲》 うんもんいっきょく

世界大百科事典内の《雲門一曲》の言及

【春屋妙葩】より

…こののち丹後にとどまること10年,その間,明使の趙秩,朱本,ついで無逸克勤,仲猷祖闡と詩文の往来があった。それらを編集したのが《雲門一曲》1巻である。やがて79年(天授5∥康暦1)細川頼之の失脚によって京都の禅林に復帰し,南禅寺に住した。…

※「《雲門一曲》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《雲門一曲》の関連キーワード春屋妙葩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android