コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《青砥稿》 あおとぞうし

世界大百科事典内の《青砥稿》の言及

【青砥藤綱】より

…曲亭馬琴作の読本《青砥藤綱模稜案(もりようあん)》(1811‐12刊)は,藤綱の名を借り,和漢の公事訴訟譚を基礎に推理小説風の展開で作品化,これには大岡裁きに共通する説話をも含む。歌舞伎では1852年(嘉永5)7月江戸市村座初演《名誉仁政録》(3世桜田治助作)や,前記《模稜案》の脚色作である1846年(弘化3)7月市村座初演《青砥稿(ぞうし)》(3世桜田治助作),また62年(文久2)3月市村座初演《青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)》(河竹黙阿弥作)などに登場,ある場合には大岡越前守の名をはばかって藤綱とすることもあったが,いずれにせよ事件の善悪理非を判断する〈さばき役〉として大団円に登場,また浄瑠璃《摂州合邦辻(せつしゆうがつポうがつじ)》(1773初演)の合邦が藤綱の子として描かれるなど,藤綱は庶民の守護神的性格を具備した為政者として理想化された。【小池 章太郎】。…

※「《青砥稿》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《青砥稿》の関連キーワード知らざあ言って聞かせやしょう尾上 菊五郎(5代目)尾上 菊五郎(6代目)尾上菊五郎(5代)片名・偏名・肩名瀬川如皐(3世)日本駄右衛門さしてもない赤星十三郎河竹黙阿弥日本左衛門白浪五人男忠信利平青砥藤綱南郷力丸時代世話弁天小僧三つ物義強い川流れ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《青砥稿》の関連情報