コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《音論》 おんろん

世界大百科事典内の《音論》の言及

【考証学】より

…彼らは,明王朝の滅亡という事態に直面して,強い実践への関心から,明代の学問の空疎なるを慨(なげ)いて実事求是の学問を追求していった。顧炎武は《音論》のなかで,論証に当たって本証(《詩経》ならば《詩経》自体について証拠を求めたもの)と傍証(他書に証拠を求めたもの)を採用し,これらの証拠にもとづいて正確な論断を下すべきことを主張した。証拠のない臆見は考証学者の最も排斥するところであった。…

※「《音論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《音論》の関連キーワードジーフェルスブルーグマン比較言語学エドワーズゾンマー音韻論文法

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android