コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《鴨の騒立》 かものさわだち

世界大百科事典内の《鴨の騒立》の言及

【加茂一揆】より

…農民らは世直しをスローガンにし,交渉に出た村役人や地方(じかた)役人らとは,世直し神を後ろだてに対決した。この一揆を記録した渡辺政香の《鴨の騒立(さわだち)》はすぐれた百姓一揆物語として有名。【青木 美智男】。…

【世直し】より

…それは,騒動勢が藩から譲歩をかちとったことを喜ぶとともに,団結を誓う象徴として〈四原世直大明神 総氏子 在中 町中〉と記した高札が立てられたものであった。ついで36年(天保7)の三河鴨騒動(加茂一揆)では,騒動は世直し大明神の現罰であるとする主張がなされたというが,これは渡辺政香の《鴨の騒立(さわだち)》だけにある記述で,確定しがたい。なお19世紀半ばまでは,騒動とは関係なく,世直し大明神が使われる場合も少なくなかった。…

※「《鴨の騒立》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《鴨の騒立》の関連キーワード下河内村辰蔵渡辺政香松平辰蔵加茂一揆

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android