コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《鶯宿梅妻戸帯引》 おうしゅくばいつまどのおびひき

世界大百科事典内の《鶯宿梅妻戸帯引》の言及

【帯引物】より

…だが女が鎧の草摺を引き合うのは似つかわしくないところから,当初は五郎と朝比奈とで行われていた〈帯引〉を転用し,しだいに五郎は〈草摺引〉,対する少将は〈帯引〉に落ちついたものである。〈帯引〉の初演は1759年(宝暦9)正月江戸中村座《鶯宿梅妻戸帯引(おうしゆくばいつまどのおびひき)》で,少将が2世瀬川菊之丞,朝比奈が初世市川八百蔵。以来江戸庶民に〈草摺引〉同様に人気があったので,多くの書替え作が生じて一系統を成したが,今日は廃絶。…

※「《鶯宿梅妻戸帯引》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android