コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《A Sentimental Journey through France and Italy》とは

《A Sentimental Journey through France and Italy》 ASentimentalJourneythroughFranceandItaly

世界大百科事典内の《A Sentimental Journey through France and Italy》の言及

【センチメンタル・ジャーニー】より

…イギリスの小説家L.スターンの旅行記。1768年刊。自然,風景や事実を叙述するという当時一般の旅行記とはまったく趣を異にした感情旅行記。カレー,ルーアン,パリ,ブールボネー,リヨンに至るが,表題にあるイタリアの記述がないのは作者が病没して2巻で終わったためである。作者の病気療養のための旅行(1765‐66)に基づいているが,病気とか作者の行動に即してではなく,特定の事件に対する作者の情緒的反応を中心に書かれ,全体に遊びの特質が前面に押し出されている。…

※「《A Sentimental Journey through France and Italy》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《A Sentimental Journey through France and Italy》の関連キーワードセンチメンタルジャーニースターン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android