コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Ariadone musica》 Ariadonemusica

世界大百科事典内の《Ariadone musica》の言及

【平均律】より

…一方,純粋に理論値として,53等分平均律をはじめ,19,31,41各等分平均律も考案された。 これらの平均律はとくに鍵盤楽器の調律法に大きな意味をもつが,平均律に調律してすべての長・短調を用いるという考え方を最初に具体的に示したのはバーデン辺境伯の宮廷楽長であったフィッシャーJohann Caspar Ferdinand Fischer(1665ころ‐1746)のオルガン作品《アリアドネ・ムシカAriadone musica》作品4(1702)であり,この作品においては彼は20の長・短調を用いた前奏曲とフーガを作曲している。すべての長・短調を用いた作品を最初に実践したのはJ.S.バッハの《平均律クラビーア曲集》第1集である。…

※「《Ariadone musica》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Ariadone musica》の関連キーワードオペラフクバルトオペラ(舞台芸術)音楽ヤン アペリオペラ矢口恭平三宅伸哉室内楽自由七科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android