コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Biblia naturae》 Biblianaturae

世界大百科事典内の《Biblia naturae》の言及

【スワンメルダム】より

…しかし,社会的には恵まれず,R.deグラーフ,ステノらとの優先権争いをひきおこしたうえ,健康を害し,晩年は宗教団体の活動に没頭,デカルト的合理主義と神秘思想の間を揺れ動いた。生前,出版されることのなかった昆虫研究などの科学上の著作はH.ブールハーフェによって《自然の聖書Biblia naturae》(1737‐38)として世に出されたが,これには,赤血球の発見(1658),リンパ管における弁の発見(1664)などの業績が含まれている。【月沢 美代子】。…

※「《Biblia naturae》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Biblia naturae》の関連キーワード聖書アリアス・モンタノカロフキッテルスワンメルダム聖書アラン[リール]ウォルフエリウゲナ学名