コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Crops and Man》 CropsandMan

世界大百科事典内の《Crops and Man》の言及

【栽培植物】より

…66年中尾佐助は《栽培植物と農耕の起源》という著作の中で,今までの知見やアジアの広い地域にまたがる独自の植物探検調査に基づいて,世界における四大農耕文化複合,つまり根栽農耕文化,サバンナ農耕文化,地中海農耕文化および新大陸農耕文化の存在を明らかにし,各農耕文化に特徴的な栽培植物群の存在を指摘した。さらにハーランJ.R.Harlanは75年,《作物と人間Crops and Man》という著書の中で,ド・カンドル以来最近までに得られた知見を総合的に考察して,世界における栽培植物の地理的中心地域を六つの地域にまとめている。それらは(1)中東,(2)アフリカ,(3)中国,(4)東南アジア,(5)メソアメリカ,(6)南アメリカである。…

※「《Crops and Man》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Crops and Man》の関連キーワード数理言語リード(Carol Reed)エマーソンド・マンフォード(John Ford(1895―1973))デミル(Cecil Blount De Mille)ヒッチコックアレン(Woody Allen)トクナガクニハルICU

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android