コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Essai sur la theorie de nombre》 Essaisurlatheoriedenombre

世界大百科事典内の《Essai sur la theorie de nombre》の言及

【整数論】より

…18世紀には,オイラー以外にもJ.L.ラグランジュ,ルジャンドルらが,不定方程式や連分数の理論を中心に研究した。ルジャンドルは,それまでに知られていた整数論の結果を《Essai sur la theorie de nombre》という著書にまとめたが,この書名から整数論という名称がでてきた。 1801年にはガウスの《数論研究Disquisitiones arithmeticae》が出版され,整数論は,それ以前の知識の集積という状態から体系的な数学の一分野になった。…

※「《Essai sur la theorie de nombre》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

《Essai sur la theorie de nombre》の関連キーワードエッセイブレアル北尾次郎ルカーチ政治学史認識論ポワント幸福論ニーチェについてテュロス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone