《Explorations in Entrepreneurial History》(英語表記)ExplorationsinEntrepreneurialHistory

世界大百科事典内の《Explorations in Entrepreneurial History》の言及

【経営史】より

…1949年同じハーバード大学のコールA.H.Cole(1889‐1974)を中心に,経済史,社会学,経営学など諸分野の専門研究者による学際的研究組織として〈企業者史研究センター〉が設立され,〈企業者活動entrepreneurship〉すなわち企業者,経営者の性能とその活動の社会的意味の解明に重点をおく〈企業者史entrepreneurial history〉が,グラスらの狭義の〈経営史business history〉とは異なった新しい経営学の流れとして発展した。1959年まで活動を続けた同センターの研究成果は機関誌《Explorations in Entrepreneurial History》に発表され,コール著《Business Enterprise in its Social Setting》(1959)はその集大成である。企業者史学の最大の特徴は,企業経営の発展を各国社会に固有な思考行動様式(文化的要因ないし文化構造)との関連において考察しようとしていることであり,経済発展論にも大きな影響を与えた。…

※「《Explorations in Entrepreneurial History》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android