コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Khozhdenie po mukam》 Khozhdeniepomukam

世界大百科事典内の《Khozhdenie po mukam》の言及

【トルストイ】より

…1923年ソ連に戻って,推理小説の手法を用いた長編《技師ガーリンの双曲線》(1926),革命後の混乱した社会の中で生きる道を誤った女の悲劇を描く短編《毒蛇》(1928)などで作家としての力量を示した。 代表作となったのは十数年かけて完成した大長編《苦悩の中を行くKhozhdenie po mukam》(1922‐41)である。〈姉と妹〉(1922),〈1918年〉(1927‐28),〈陰鬱な朝〉(1940‐41)からなるこの作品は,革命を生きぬいた知識人の思想遍歴を聖母の苦難遍歴になぞらえて書いたもので,知識階級の三つの時期を描く。…

※「《Khozhdenie po mukam》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Khozhdenie po mukam》の関連キーワード露都物語 愛の13章

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android