コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《M》 えむ

世界大百科事典内の《M》の言及

【ラング】より

…ウィーン生れ。建築と美術を学び,第1次世界大戦で負傷して入院中に書いた脚本がヨーエ・マイJoe May監督(1880‐1954)によって映画化されたのち,プロデューサーのエーリヒ・ポマーに認められて映画界に入り,1919年にデッカ社の監督となる。敗戦後の〈時代の一つの記録〉といわれる《ドクトル・マブゼ(《マブゼ博士》)》(1922),民族的伝説を壮大に映画化した《ニーベルンゲン》(1924),未来都市を空想的に描いてSF映画の古典となった《メトロポリス》(1926)が世界的に注目され,また,少女殺しの実話をもとにした最初のトーキー作品《M》(1932)は,音と画面との対位法を効果的に用いた歴史的傑作とされているが,公開されてから3年後には,ナチスの禁止映画のリストに載せられた。…

※「《M》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《M》の関連キーワードグランド・ディクサンス・ダムドナルド・A. ショランダー海底ハウス『歩号1世』ウンターロートホルンメイヨー‐ルイス式マーク スピッツマシンツーマシンスピードスケートメシエカタログマグニチュード津波警報注意報冪集合・羃集合大湯環状列石飯野坂古墳群矢木沢ダム機器間通信みなし道路石舞台古墳西吾妻山桜井美馬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android