コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Partons pour la Syrie》 PartonspourlaSyrie

世界大百科事典内の《Partons pour la Syrie》の言及

【ラ・マルセイエーズ】より

…もとは北方ライン軍団のための進軍歌として1792年4月26日夜に作曲,ストラスブール市長宅で初めて歌われ,《ライン軍に寄せる闘いの歌Chant de guerre pour l’armée du Rhin》のタイトルで同地で出版されてあったもの。第二帝政期(1852‐70)には革命色を薄めようとの狙いから,ナポレオン3世の母ウジェーヌ・オルタンスが作曲に手をかしたとも伝えられる歌《シリアへの出発Partons pour la Syrie》が一時国歌として登用されたが,ナポレオン3世失権と同時にこの《ラ・マルセイエーズ》が復し,現在に至る。なおこの旋律は多くの作曲家により引用されており,とくにシューマンのピアノ曲《ウィーンの謝肉祭》,歌曲《二人の擲弾兵》,ワーグナーの歌曲《二人の擲弾兵》,リストの交響詩《英雄の嘆き》,チャイコフスキーの管弦楽序曲《1812年》,ドビュッシーのピアノ曲《花火》などの例がよく知られている。…

※「《Partons pour la Syrie》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Partons pour la Syrie》の関連キーワード共和国連合ランスロロブ=グリエカイヤットダミッシュCERNRINAIPPI芸術のための芸術国民運動連合

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android