コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Roman de l'énergie nationale》 Romandelenergienationale

世界大百科事典内の《Roman de l'énergie nationale》の言及

【バレス】より

…文学活動と並行してブーランジェ将軍派の代議士としての政治活動も活発に行い,パナマ運河事件,ドレフュス事件などでは,国家至上の立場に立った。どんな人間も民族や国土から孤立すれば無価値となる,と考える彼は,《民族的エネルギーの小説Roman de l’énergie nationale》という総題の三部作,すなわち《根こそぎにされた人々》(1897),《兵士への呼びかけ》(1900),《彼らの顔》(1902)などの小説でその思想を鮮明にする。この国粋主義的傾向は最後の三部作《東方の砦》,すなわち《ドイツに奉仕して》(1905),《コレット・ボードーシュ》(1909),《ラインの精》(1921)においては,カトリック的神秘主義の色合いさえ見せている。…

※「《Roman de l'énergie nationale》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Roman de l'énergie nationale》の関連キーワード国民的精力の物語バレス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android