コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Tārīkh-i-Firishta》 TarikhiFirishta

世界大百科事典内の《Tārīkh-i-Firishta》の言及

【フィリシュタ】より

…デカン地方のムスリム五王国の一つビジャープル王国の宮廷の保護を受けた。その君主イブラーヒーム・アーディル・シャー2世Ibrāhīm Ādil Shāh II(在位1580‐1626)のもとで,《フィリシュタの歴史Tārīkh‐i‐Firishta》として知られているインド中世のムスリム諸王国史を執筆。これは,ムガル帝国の宮廷史家の史書とは違った視点から書かれたため,記述も必ずしも北インドが中心ではない部分もある。…

※「《Tārīkh-i-Firishta》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android