コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《The Types of the Folktale》 TheTypesoftheFolktale

世界大百科事典内の《The Types of the Folktale》の言及

【昔話】より

…しかし,歴史学的・地理学的研究法としては,本来の目標である原郷土と原型の探究において発展をとげていった。アールネが試案をつくり,のちにアメリカのS.トムソンが増補した《昔話の型The Types of the Folktale》(1964)は,その大きな成果の一つであり,今日,世界の口承文芸研究者が,共通のカタログとして利用している。一方,昔話の生きた担い手である語り手,およびその生きている社会への興味もおこり,1929年,ピョートル・ボガティリフとローマン・ヤコブソンによって,〈民俗事象それ自体の存在は,それが特定の共同体に受け入れられてはじめて,開始される〉というテーゼが提唱されるにおよんで,本格的研究へと進む。…

※「《The Types of the Folktale》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《The Types of the Folktale》の関連キーワード樋口泰子高橋かおる数理言語ワッハノリスニブンPrius前野恵新本一真オア