コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Vozniknovenie zhizni na zemle》 Vozniknoveniezhizninazemle

世界大百科事典内の《Vozniknovenie zhizni na zemle》の言及

【オパーリン】より

…生命は他天体から飛来したとか,永遠に存在したとか言っても解答にはならず,まず原始地球上で化学進化により有機物が生成,蓄積し,しだいに複雑なシステムとして発展してきたとの考えを,初めて体系的に説いた一人である。1926年に要旨をすでに述べているが,《地球上における生命の起源Vozniknovenie zhizni na zemle》(1936)は,世界的に大きな影響力をもち,大幅に改訂されつつ版を重ねた(3版,1957)。原始生命システムとして,コロイド集合体のコアセルベートを想定しているのは特徴の一つだが,この点は一つの仮説であり,現在,定説となっているわけではない。…

※「《Vozniknovenie zhizni na zemle》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Vozniknovenie zhizni na zemle》の関連キーワード生命の起源オパーリン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android