コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「春暁」孟浩然

とっさの日本語便利帳の解説

「春暁」孟浩然

<有名な漢詩の一節>
春眠不覚暁 処処聞啼鳥

春眠暁を覚えず、処々啼鳥を聞く

春の夜を心地よく寝過ごして、鳥のさえずりに起こされた。そういえば夜、雨に風も混じっていたが、花はどれほど落ちたのだろう(「花落知多少」)。思いわずらうことのない春の朝の目覚め。鳥の激しいさえずりに気がつくのも春である。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android