コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「春暁」孟浩然

1件 の用語解説(「春暁」孟浩然の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

「春暁」孟浩然

<有名な漢詩の一節>
春眠不覚暁 処処聞啼鳥

春眠暁を覚えず、処々啼鳥を聞く

春の夜を心地よく寝過ごして、鳥のさえずりに起こされた。そういえば夜、雨に風も混じっていたが、花はどれほど落ちたのだろう(「花落知多少」)。思いわずらうことのない春の朝の目覚め。鳥の激しいさえずりに気がつくのも春である。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「春暁」孟浩然の関連キーワード春眠春眠暁を覚えず前後不覚啼鳥馬鹿の一つ覚え不覚悟不眠不休物覚え味を覚える不覚人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone