コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あづま あづま

世界大百科事典内のあづまの言及

【東国】より

…そして縄文晩期,西北九州に稲作の技術が伝播したのを契機に始まる弥生文化が西日本に急速に広がったのに対し,東日本がしばらく縄文文化にとどまったことは,この差異をさらに著しいものにした。
[〈東国〉の範囲]
 西日本には水田を基礎とする国家が東日本に先んじて形成され,やがて畿内を基盤とする政権が日本列島の主要部に影響を拡大し,東北北部を除く東日本もその影響下に入るが,この政権を構成する人々は,東日本を〈あづま〉〈東国〉といっており,それはまず関東・東北地方を意味していた。しかし〈東歌(あずまうた)〉のとられた範囲,防人(さきもり)の動員された地域からみると東国はさらに広く,縄文・弥生時代の東日本とほぼ一致する越後・信濃・三河以東の地域を指すことが多く,事実この地域は言語,民俗においても西日本と異質なものをもっていた。…

※「あづま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あづまの関連キーワード清掻く・清搔く・菅掻く・菅搔く群馬県吾妻郡中之条町山田神奈川県中郡二宮町山西老蘇森・老曽森・老曾森生島大吉(2代)生島大吉(4代)花園宇治太夫べいべい言葉奥州総奉行比和〈町〉取られん坊出で向かふ吉良満氏浜名の橋烏丸光広在り侘ぶ鶏が鳴く一切経山火山群実には

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あづまの関連情報