うがい薬(読み)うがいぐすり

百科事典マイペディアの解説

うがい薬【うがいぐすり】

含嗽(がんそう)剤。口腔やのどの洗浄,炎症の治療を目的とする外用液剤。収れん,防腐あるいは殺菌性の薬品の水溶液。たとえば5〜10%オキシドール,0.3%ミョウバン水溶液,臭化ドミフェン1万倍液,ポピドンヨード500倍液などが通常用いられる。
→関連項目アフタ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うがい薬の関連情報