コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うちみ うちみ

世界大百科事典内のうちみの言及

【打撲傷】より

…打撲傷と挫傷contusionとはほとんど同意語として使われているが,厳密にいえば挫傷のうち打撲によるものが打撲傷である。いわゆる〈うちみ〉のこと。身体各部の外力に対する抵抗は,皮下組織や小血管が弱く,やや大きな血管,筋肉,筋膜,腱,神経などは抵抗がより強く,最も抵抗の強いのが皮膚である。…

※「うちみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

うちみの関連キーワード柳田国男(やなぎたくにお)奈河七五三助(2代)松貫四(2代)陰見世・陰店打ち乱りの箱川関楼琴川色を作す比良山地富田牛生宮本隆司荻野流玉砥石麗しい乱れ箱二階棚打撲傷外御簾衣手を調度挫傷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うちみの関連情報