コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おいで おいで

世界大百科事典内のおいでの言及

【御旅所】より

…一般に神社の神幸(渡御)というものは,(1)鎮座伝承上ゆかり深い地点への神幸,(2)祭神事績・霊験への回顧のための神幸,(3)氏子区域の巡覧・除厄など種々の理由があるため,旅所もまた1ヵ所または数ヵ所にわたることがある。京都七条西大宮の松尾社旅所にて7日間神事能が行われたこと,松尾社・稲荷社も旅所への渡御を〈おいで(御出)〉とよぶこと,近江日吉社の祭りに唐崎の一つ松のところで供御(くご)を受けること,近江馬淵の馬見岡神社の祭りにレツケイズ(列見場か)に神幸あって6座の宮座饗宴を行うことなどの例を考えると,旅所はほんらい神の降臨を仰いで祭儀を行う場所そのものであったかとも考えられる。還幸祭神幸祭【萩原 竜夫】。…

※「おいで」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おいでの関連キーワード宮城県仙台市太白区茂庭阿賀野川ござれや花火山梨県都留市四日市場在そがり・坐そがり御出でなされるどうぶつの森どっこいしょ御出でなさいべろべろばあいらっしゃい御出でなさる大坐しますなさりやす一昨日来い御入り候ふ御出でるこれこれ平野優多勝木一彦何時でも

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おいでの関連情報