コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お吉 おきち

世界大百科事典内のお吉の言及

【唐人お吉】より

…明治初年,鶴松と旧情をあたため同居したが,世人の嘲笑により乱酔に憂さをはらし,のち別居,貸座敷などを営んだが,病苦と貧窮の晩年を送り,稲生沢川に投身自殺をとげた。没後お吉への同情の風潮がたかまり,村松春水らによる史実研究や伝聞収集が行われた。十一谷義三郎(じゆういちやぎさぶろう)著の小説《唐人お吉》(1928),《時の敗者唐人お吉》(1929)が発表され,開国期の一女性の悲劇を掘り下げた点が注目される。…

※「お吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

お吉の関連キーワード静岡県下田市一丁目婿がね・聟がね十一谷 義三郎梅の由兵衛物藤本 二三吉静岡県下田市十一谷義三郎河内屋与兵衛橘家 太郎藤本二三吉金石与志能本木 寿以蓮台寺温泉佐久間良子女殺油地獄下目に見る木高一成梅村蓉子浦辺粂子高木東六

お吉の関連情報