コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐人お吉 とうじんおきち

9件 の用語解説(唐人お吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐人お吉
とうじんおきち

[生]?
[没]1890.3.23. 下田
幕末,アメリカの初代駐日総領事 T.ハリスの侍女。下田在船大工の娘。安政4 (1857) 年下田玉泉寺駐在のハリスに看護の名目で下田奉行から派遣された。条約交渉にのぞむハリスの態度を軟化させようとする幕府の政略でもあったが,病気もちの理由でまもなく帰された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうじん‐おきち〔タウジン‐〕【唐人お吉】

[1841~1890]伊豆下田の船大工の娘。安政4年(1857)下田奉行所のはからいで、下田に滞在中のアメリカ総領事ハリスのもとに看護婦として送られたが、実際は妾であったという。のち自殺。
十一谷義三郎長編小説。副題「らしゃめん創世記」。の悲劇を実話に基づき描いた作品で、昭和3年(1928)「中央公論」誌に掲載。昭和4年(1929)単行本刊行。その翌年には溝口健二監督により映画化された。続編に「時の敗者唐人お吉」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唐人お吉【とうじんおきち】

単にお吉とも。幕末,伊豆(いず)下田芸者。伝記については判然としない点も多いが,尾張(おわり)国の船大工の娘という。1857年アメリカ総領事ハリスの看護のため玉泉寺に送られ,その妾となる。
→関連項目下田[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐人お吉 とうじん-おきち

1841-1890 幕末-明治時代の女性。
天保(てんぽう)12年11月10日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の船大工の娘。のち一家で伊豆(いず)下田にうつる。安政4年下田奉行の命により,看護婦の名目でアメリカ総領事ハリスのもとに侍妾として派遣されるが,病気を理由に3日で解雇される。世間から好奇の目でみられ,すさんだ生活の果て病気となり,明治23年3月27日投身自殺。50歳。本名は斎藤きち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

唐人お吉

没年:明治23.3.27(1890)
生年:天保12.11.10(1841.12.22)
幕末のアメリカ駐日総領事ハリスの侍妾。本名斎藤きち。尾張国(愛知県)生まれ。舟大工市兵衛ときわの子。一家で伊豆下田へ移住。父の死後,船頭相手の洗濯女・酌婦となる。安政4(1857)年下田奉行の命で総領事館(玉泉寺)に滞在中のハリスの看護婦名目の侍妾となるが,吉の腫物を理由に3夜で解雇される。以後「唐人お吉」と差別され,もとの仕事もたちゆかなくなる。横浜で大工鶴松と一時同棲後,下田に戻り髪結や小料理屋経営などをするが,酒癖のために失敗。不遇の晩年を送り,稲生沢川で投身自殺。この時期外国人の侍妾となった女性はほかにもいたが,吉は十一谷義三郎の小説『唐人お吉』(1928)以後有名となる。<参考文献>吉田常吉『唐人お吉』

(横田則子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

唐人お吉

1930年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:十一谷義三郎による同名小説、脚本:畑本秋一、撮影:横田達之。出演:山本嘉一梅村蓉子、島耕二、滝花久子浦辺粂子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうじんおきち【唐人お吉】

1841‐90(天保12‐明治23)
伊豆下田の芸者,アメリカ領事の妾。伝記は後世の伝聞収集により組み立てられたもので,虚実は判じがたいが,船大工市兵衛の次女に生まれ,14歳で芸者となり,新内節を得意としたという。船大工鶴松と二世を契ったが幕府役人により仲をさかれ,アメリカ領事T.ハリスの妾となった。明治初年,鶴松と旧情をあたため同居したが,世人の嘲笑により乱酔に憂さをはらし,のち別居,貸座敷などを営んだが,病苦と貧窮の晩年を送り,稲生沢川に投身自殺をとげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうじんおきち【唐人お吉】

1841頃~1890) 伊豆下田の船大工の娘。下田奉行の命によって、アメリカ領事ハリスの妾となったという。のち下田で投身自殺。その境遇を題材として小説や戯曲が多く書かれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐人お吉
とうじんおきち
(?―1890)

幕末・維新期の婦人。伊豆国(静岡県)下田(しもだ)坂下町の船大工市兵衛(いちべえ)の後家きわの娘きち。唐人お吉はのちのあだ名。下田港に出入りする船頭の洗濯などで母子の暮らしをたてていた。1857年(安政4)、下田玉泉寺(ぎょくせんじ)に滞在していたアメリカ総領事ハリスから看護人を要求された下田奉行(ぶぎょう)は、おりからの日米修好通商条約の折衝の難航を嫌って、ハリスには「きち」を、通訳官のヒュースケンには「ふく」を看病人の名目で差し出した。きちがハリスにお目見えしたのは同年5月22日であるが、彼女は腫(は)れ物ができていたため3日(数日ともいう)で帰され、全快しても、こんどはハリスが病気ということで、ふたたび玉泉寺に入ることはなかった。きちには、支度金25両、給金月10両が与えられている。ハリスのもとを退いた(暇(いとま)手当金18両)のち、きちは船頭たちからも疎んぜられ、暮らしにも困るようになったという。68年(明治1)横浜で大工の鶴松(つるまつ)と同棲、71年下田に戻って髪結いを始めたが、やがて三島に移り、82年また下田で小料理屋安直楼を開いたが、乱酔の果てに破産・落魄(らくはく)し、90年3月23日入水(じゅすい)して果てた(50歳という)。のちにそこを「お吉が淵(ふち)」という。なお、これに基づいて十一谷義三郎(じゅういちやぎさぶろう)の小説『唐人お吉』など数多くの作品がつくられている。墓は下田市宝福寺。[進士慶幹]
『吉田常吉著『唐人お吉』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐人お吉の関連キーワードスカイラーヒュースケン領事館総領事アメリカ杉アメリカン玉泉寺アメリカ アメリカHarrisTownsend蓮田東三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐人お吉の関連情報